PASのブログ

PASの中の人が書く雑記ブログです。

à la carte アーティストインタビュー hisa 編

ソロギターオムニバスシリーズ第2弾

a la carte ~NGFP2

昨年発表し、好評を博しました Next Generetions Finger Pickers。

プロアマ問わず、全国で活躍している フィンガーピッカー達をご紹介する オムニバスアルバムでした。

2019年、第二弾として発表する このアルバムは、 à la carte (アラカルト) と命名しました。

www.tidemark.shop

第5回は、12曲目に収録されているhisaさんへのインタビューです。

f:id:pas_fx:20191026131022j:plain
hisa

hisaさんは前回に引き続きのご参加になりましたね。 前回の曲はタッピングを主体に、今回の曲は壮大なイメージの曲でした。 日本人の一般的なソロギタースタイルとは別の方向に進化していっていると感じたのですが、今までに音楽を聴かれてきたのかを教えてください。

私のソロギターのルーツはT-cophony氏をはじめとしたタッピングスタイルのソロギターということもあり、前回は自分の一番慣れ親しんでいるタッピングのみの楽曲として参加させて頂きました。 2回目の参加ということで、前回とは対称的にタッピングを一切使わないメロディ重視の楽曲にしようと最初に決めました。 丁度、私自身もプレイスタイルの幅を広げようと思っていた時期でもあったので良い機会でした。 聴いてきた音楽ですと、ソロギター的なアーティストですと先述のT-cophony氏の他にCandyRat Recordsのギタリスト、日本ですとokapiさん辺りになります。 ただ、普段はソロギターよりも、パンクロックなど激しいバンド曲の方が聴きます...笑

バンド系の曲も聴かれるんですね! その辺を詳しく教えてください。

「ポストハードコア」や「スクリーモ」と呼ばれる激しめのジャンルでの洋楽を高校生の頃から聴いています。多分これについて語り出すとかなり長くなります...笑 余談ですが、先程挙げたT-cophony氏も奇遇にもこのジャンルを結構好まれているらしいです。 学生時代はソロギターでライブするのと同時に、スクリーモ系のバンドもやっており所謂デスボイス的な発声のグロウルで叫びながらギター弾いてました。 SilversteinやStory of the Yearあたりのバンドが個人的なオススメなので、興味ある方は聴いてみてください笑

今度聴いてみます^^ さて、レコーディングを通して印象的だったのは、hisaさんの使用されたギターが前回、今回共に高級品だったことです(笑) ギターを選ばれるときはどのようにされているのですか?

今回のギター、レコーディング時に少し騒がれてしまいましたね...笑 ギターを選ぶ時は簡潔に言うと「自分が弾いていて楽しいギター」というのを一番大事にしています。 共感をしてくれる方はいると思うのですが、ギターを楽器屋で見てる時に直感的に「自分と愛称良さそう」と感じるギターがあると思います。今回のはそれで即決してしまったギターです笑 これだと抽象的過ぎる説明ですので、具体的にギターを探してる時にいつも重要視してるのは ・自分のプレイスタイルである、「変則チューニングでのタッピング」および「開放弦を多用したアルペジオ」を鳴らして中低音域の鳴りやハーモニクスの広がりなどのバランスが良い ・弾きやすさ(ドレッドノートより小さい、カッタウェイがある) ・外見が良い(超重要) のうち最低でも2項目は必須だと思っています。付け加えますと、今回購入する際はサイドバックの材質がインディアン・ローズウッドであることに拘っていました。 あと少し嫌らしい話ですが、知人のギターマニアや某楽器屋の店員さんに色々なギターを今まで弾かせて頂いたので、ギターが値段コスト的に釣り合ってるのか...ということも考えています。

コスパというのは難しい言葉ですよね。単に安価なものを指す言葉として昨今は使われているような気がします。 本来は価格以上の性能や品質を表す言葉ですので、本当にコスパのいいギターを選ばれていると思います。 前回に引き続き今回も参加ということで、やはり参加してよかった、と思って頂いた故のことだと想像します。

今回、ありがたいことに2度目の参加をさせて頂きました。バンドを辞めてからソロギターというスタイルをやっている性質上、音楽が「一人で完結する」という形になってしまっていました。オムニバスということでソロギターであっても「みんなで何かを作る」というのを久々に味わうことが出来て楽しかったです。 また、他の参加者のレベルが本当に高くて(コンテスト出場者がちらほら...)、そういう意味でもかなり刺激的な機会でもっと練習頑張らないとなぁって気持ちになりました。

同人活動をされているとのことですので、今後の予定などを教えて頂けますか?

orcapho という名義にて同人サークルの活動を行っております。 2020年3月1日に行われるM3春と言うアマチュア音楽専門のコミケ的なイベントに当選することが出来れば、自信のオリジナル1stアルバム(ソロギターやアコギインスト)を頒布する予定ですので機会がありましたら立ち寄ってみてください!! (後日、DL販売も予定しております) 無事1stアルバムが出せたら、久々にバンド活動も再開してそういう楽曲もアップロードしていきたいなぁっと色々と考えているので、Twitterで「vtuberばっかり見てないでギター弾け!!」と監視してくださると助かります...笑 今回はこの機会を設けてくださりありがとうございました!!

インタビューへのご協力、ありがとうございました。