PASのブログ

PASの中の人が書く雑記ブログです。

【初心者向け】スマホ経由で配信する場合の機材の考え方 前編

コロナと付き合う生活様式に伴い、昨今スマホでの配信が増えてきたようです。

その中で、機材の接続について質問が多いので、2回に分けてできるだけ平易に説明します。

※各種機材に関しては、内容をよく読んで規格が同じならば他で探してもらったらもっと安いものや、高級なものが見つかるかもしれません。ご相談くだされば僕のほうで手配も可能です。

必ずしもオーディオインターフェイスを経由する必要はありません。

外部のマイクなどを接続するとなると、一番に思いつくのは、オーディオインターフェイスを経由した接続方法です。

但し、基本的にはiPhone系でしか使えません。(このあたりは次回説明します。)
また、リンクのように、現在品切れが続いており、価格も高騰しています。

先日、アンケートを実施しました。

配信を観る(聴く)とき、ほぼ半数の方が、スマホ本体のスピーカーを使っており、そうなると厳密に音質を追求する必要はない可能性があります。

そこで前編では、アナログにてスマホと外部マイクなどを接続する方法を検討します。

最初に最大のデメリットを言っておきたい

マイク入力の場合、モノラル入力にしかなりません。 ステレオで入力したい場合は、必ず別途オーディオインターフェイスを使用してデジタル入力する必要があります。

配信アプリなどがステレオに対応しているかどうかはそのサービスにもよります。

電話用マイク付きヘッドホンを例にとって考える

標準でiPhoneandroidに付属しているイヤフォンの他、以前から販売されているこのようなイヤフォンを使用するときのことを例にとって考えてみましょう。

プラグをよく見ると、線が3本入っていまして、つまりこれは4極ということになります。 少し前までは、スマホ自体にイヤフォンジャックがありましたね? それも内部的には4極です。 4極にも大きくわけて2つの規格がありますが、現在ではほぼCTIAで、iPhoneや殆どのandroidはCTIAです。

詳しくはこちらをご覧ください。

www.sanwa.co.jp

つまり、先端から、

左ヘッドホン
右ヘッドホン
GND
マイク

と並んでいます。

ではlightning端子やUSB TypeCにはどう接続するのか

まずは、lightning端子又はUSB TypeCにCTIAを接続するコネクタが必要です。 標準付属品の場合もありますが、単品で買うとすればそれぞれこの2つはほぼ安心できると思います。

www.apple.com

内部的には、このケーブルだけで実はオーディオインターフェイスになっています。 ミキサーなどの付加機能が必ずしも必要ないならば、これで充分かもしれません。

4端子フォン端子にマイクを直接入力することは出来ません。

CTIAの4極の順番は前述のとおり、先端から、

左ヘッドホン
右ヘッドホン
GND
マイク

と並んでいますので、マイクを直接(TS又はTRSフォンプラグを使って)挿すと、音声は左ヘッドホン端子に繋がりますので音が出ません。

そこでマイクとヘッドホンを分岐するケーブルが必要です。

基本的にはピンクの端子のほうがマイク端子です。ここにマイクを接続し、緑の方にヘッドホンを接続するといいでしょう。

スマホは、マイク入力を有効にすると基本的に内部スピーカーから音が出なくなりますので、ヘッドホンが必要です。 またこの時、ヘッドホンの代わりにスピーカー(モニタースピーカなど何でもいいです)を使用するとヘッドホンを装着する必要はないのですが、殆どの場合、スピーカーの音をマイクが拾ってしまい、ハウリングを起こしますので、ヘッドホンを推奨します。

ここまでで出費がだいたい2000円ですね(笑)

変換ケーブルのいろいろ

ここまでで普通のヘッドホン出力とマイク入力になったので、後はマイクをマイク端子に挿す変換ケーブルを必要なだけ揃えておきましょう。

3.5mmフォンを入力したい時

とりあえずこれを1本持っておくと何かと楽です。 例えばオーディオの3.5mm出力端子があればそれを接続できます。

XLRを入力したい時

XLR端子がついたマイク(Shure SM58など一般的なもの)だったらこのケーブルです。

但し、厳密に言えばXLRはバランス伝送ですので、今回の、スマホに作ったマイク端子(アンバランス端子)に接続するのは裏技のようなものです。 後編にて詳しく解説します。

ついでにド定番のダイナミックマイクがこちら。

SHURE ダイナミック マイクロフォン SM58SE 【国内正規品】

SHURE ダイナミック マイクロフォン SM58SE 【国内正規品】

  • 発売日: 2000/10/01
  • メディア: エレクトロニクス

6mmフォンを入力したい時

ステレオ変換プラグが便利です。

但し、注意点が2つあります。

○ステレオ出力の場合、左側しか伝送されない。 マイクはモノラル入力なので左側しか音が出ないです。

○6mm側の方にモノラルプラグを挿した場合、出力側機器が故障する可能性があります。 出力がショートすると故障する機器があるので気をつけましょう。

RCAを入力したい時

オーディオ機器に多いRCAは通常LR(左右)セットで使いますが、モノラル入力しかできません。

これの片側を使います。

注意点としては、3.5mmフォンの側がモノラルの場合、問題が起きることがありますので注意してください。

※これ買っちゃだめなやつ

複数の機器を接続したい時

変換ケーブルの用意ができましたので、1つの音声を入力することは可能になりましたが、この段階ではちょっと不便です。
○1つしか入力できない
○ステレオの場合片側しか聞こえない

そこで、ミキサーがあると便利です。 ここでは単純なモノラルラインミキサーをご紹介します。

BEHRINGER MX400

BEHRINGER MX400

  • 発売日: 2018/09/01
  • メディア: エレクトロニクス

ちなみに当店にもラインミキサーがあります。

www.tidemark.shop

価格が10倍以上の差がありますが、主にこんな理由です。

○高品位バッファ搭載
○4入力4出力で、自由にルーティングが可能

音にこだわる方に人気です。

まとめ

今回は簡易性と、出費の少なさを優先して3.5mmフォン入力にこだわってご紹介しました。

メリット

○互換性が高い
○費用が安く済む構成が可能
○設定などがほぼ必要ない

デメリット

○ステレオ入力ができない

次回は、デシタル方式での接続システムの構築と、その次はミキサーやエフェクト、ルーティングなどについて解説する予定です。